めんどくさいけどメイクしたい

きれいになりたいけどめんどくさい

キャンメイク シルキースフレアイズの新色は遊び心満載

f:id:tsumuri30:20200708133514j:image

 

みんな大好きシルキースフレアイズから新色が出たぞー!!!

 

これまで3色が限定発売され、私は全色購入しました。

 

www.makemendokusai.com

 

2色しかレビューしてないけど、実はこのあと01も買ってました。

 

エクセルとかリンメルとか、似たようなカラーのパレットがずらりと並んでいるとどれを買えばいいか分からなくなって一生買えないんですけど、小出しにされると都度買ってしまうな…

セザンヌの単色シャドウもそうだし、まんまとのせられている。

 

毎日のメイクにシルキースフレアイズのいずれかを使用しているので、意外と持て余してはいません。

普段は眼鏡だしたいしてこだわってアイメイクしてるわけでもないので、今までは適当なブラウンパレットをひとつ仕事用にしていたんですけど、シルキースフレアイズを手にしてからは毎日どれにするかの楽しみも加わって、日常メイクも前より楽しくなったかもしれません。

 

という口実があるので迷いなく2色とも買ってきました。

こんなんなんぼあってもいいですからね。

 

目次

 

 

CANMAKE シルキースフレアイズ

各750円(税抜)

f:id:tsumuri30:20200708133527j:image

www.canmake.com

 

スフレのようなやわらかな粉質とトレンド感のある色だしや透けツヤ感で、一気にプチプラアイシャドウパレットの覇権を取ったといっても過言ではないシルキースフレアイズから遂に新色です。

新登場は2色で、04は新色で05は限定です。

そしてこのタイミングで既存の3色も定番として並ぶようになったぽいですね。

祝。

 

 

新色 04 サンセットデート

f:id:tsumuri30:20200708133547j:image

まずは定番色のこちら。 

既に赤パレットがあるのに早くも次の赤パレットが登場。

定番の1/2が赤パレット。配分どうした。

 

f:id:tsumuri30:20200713170336j:plain

02ローズセピアは一番使用しているのでちょっと汚くてすみません。

売り場で見て、右上以外02と何が違うんだ???と思いながら買いました。

 


f:id:tsumuri30:20200714153220j:image
赤~オレンジ系ぽいので、 ローズ系赤の02と、黄色の強いオレンジの03の間に位置する感じですかね。

 

 

各色紹介

f:id:tsumuri30:20200714153229j:image
A:ほんのり黄みを帯びた白っぽいカラー。色はあまり乗らず、ラメ感だけプラスする感じです。微細な多色ラメがびっしりで、キラッキラのキラッキラです。

 

B: A同様の繊細な多色ラメとゴールドが煌めくオレンジ。ほんのりブラウンみがあるテラコッタのようなあたたかいオレンジです。

 

C:こちらはシマーでローズっぽい赤。やっぱりこれ、02と同じじゃない?

 

f:id:tsumuri30:20200713170349j:plain

というわけで比較。上が04、下が02。

02はローズっていうわりには黄みも含むブラウンレッド系で使いやすいなとは思っていたんですけど、こうしてみるとやっぱり04の方が正しくローズっぽい。

一見青み寄りかなと思われた02がそうでもなくて、どっからどう見てもイエベっぽいパレットの方にこういうカラーが入っている、なかなかトリッキーです。


 D:パレットでは普通にブラウンに見えたのですが、肌に乗せてみたら紫っぽいくすみカラー。紫のような茶色のようなグレーのような色の中にゴールドラメが入っています。

これもそんなにイエベっぽくない。なんならモーヴっぽい苦手要素が入ってる。でもゴールドラメも入ってる。トリッキーだ。

 

 

イエベとかブルベとかじゃない。夕陽だ。
f:id:tsumuri30:20200714164239j:image

 

私が使ってみた感想。

 

まずやっぱり締め色が得意な色ではないです。

私は締め色をメインカラーの勢いで使うタイプなんですが、これは締め色は締め色くらいにしておいた方が良さそう。

それでいてメインの赤やオレンジというカラーもがっつり乗せてしまうと腫れあがってしまう分厚い一重の持ち主なので、なかなか配分が難しいですね。

自分にとってベストな配分で配色すれば深みも鮮やかさもあるカラーで素敵だし、つけたてはいいんだけど、時間が経って赤やオレンジの発色が落ちてくると濁ってなんか冴えないなーってかんじです。

 

しかし全部を使ってみると、本当にサンセットを意識したんだなということが分かります。

キラキラと輝く日差しと、オレンジから紫へのグラデーション。

夕陽ですね。

イエベとかブルベとかじゃなくて、瞼にサンセットを再現したい人向けです。

 

 

 

限定色 05 ライラックモーヴ 

f:id:tsumuri30:20200708133622j:image

 

さて、こちらは限定色。

パッケージがちょっと違いますね。

モーヴは濁るしライラックは発色しないので普段なら絶対使わない色ですが、こんな機会だからこそ使ったことをないものを使ってみよう理論が活躍。

 


f:id:tsumuri30:20200708133634j:image

02のローズセピアがローズなのにオータムっぽいカラーだったので、限定とはいえようやくブルベっぽいカラーが来たかなと思われていたこのライラックモーヴ。

どう考えても右上の薄紫なんてイエベが乗りこなせる色じゃないですね。

しかし左半身がなんか黄みを帯びてるのが気になります。

 

 

各色紹介

f:id:tsumuri30:20200714153242j:image

A:これもうパレットの見た目がちょっと黄み寄りに見えるんですけど、やっぱり色はほとんどつきません。

04のAと同じような多色ラメですが、ラメの配分がゴールド<ピンクになってるかんじ。

 

B:淡い紫がかった薄ピンク。

私の瞼の上では案の定発色がよく分からない。

逆に濁ったりせずピンク系のラメが乗るだけって感じになるので、主張させすぎると浮くけど、ちょこっと目頭側にぼかすくらいならニュアンスとしていい感じです。

 

C:これ何色って呼べばいいんでしょうね。みんなこれ何色って呼ぶの。紫ベージュ?

パッと見はモーヴっぽいくすみカラーで絶対痣になるやつ!って思いながら塗ったんですけど、私の瞼ではオレンジ方向に転び、意外と馴染んでます。

パレット上はモーヴっぽいんですけどね。

 

でもオカンが言うにはくすんだ紫色らしいねん

 

モーヴやないかい

 

でも塗ってもアザみたいにならないらしいねん

 

ほなモーヴと違うかぁ

 

何色ですかこれ。

 

コーラルベージュ的な色に青みピンクラメが入ってるっていう感じなのかなー

そんな気がする。

自分の体でも塗る場所によって見え方が違って困ってる。

 

D:パレット上は赤錆っぽかったこちらは深い紫色でした。

紫というとどちらかというとブルベカラーに認定されがちですが、紫にも赤っぽいのとか青っぽいのとかいろいろあって、これは赤茶みのある臙脂っぽい紫。

ゴールドかブロンズかっていうようなラメが入ってることもあり、個人の見解ではオータムっぽい紫では?と思いました。


f:id:tsumuri30:20200711233558j:image

上が05、下が02の締め色ですが、傾向が同じ気がする。

02の赤錆色がめちゃくちゃ好きなんですけど、05のこれも最高に好き。

これよりも04の締め色のほうがよほどモーヴな気が。

 

 

サンセットに対してこちらはトワイライト 

f:id:tsumuri30:20200714164257j:image

 

全部を使ってみた感じ、やっぱり上の2色と下の2色が別々の意見を言ってる気がしますね。

ない知識で言うと、多分くすみが得意でセカンドがイエベのブルベの人向きって感じでしょうか。

 

私はとにかく締め色がめちゃめちゃ好みで、めちゃめちゃ好みだった02の締め色より好きかもしれないくらい好きです。

そこにCのカラーを合わせるとぼわっと紫~オレンジっぽいグラデーションになり、04がサンセットならこちらはトワイライトっぽい。 

04よりも意外とこちらの方が使いやすく、気に入ってしまった。

でもやっぱり時間が経つとくすんでくるのは気になるかなぁ。

Cのカラーも締めの紫にちょい足しするくらいだから成立しているけど、多分Cをメインにするのは難しそう。

締め色の紫にゴールド合わせたらかわいいだろうな。

 

結局のところ何なのか分かりませんが、シルキースフレアイズの中では最もブルベ寄りなことは間違いないと思います。

全色がしっくりくる人はいるのかな?という気はするけど、逆に言えばイエベもブルベも気になったら買っていい間口の広いカラーです!(綺麗にまとまった風)

 

 

 

新色は遊び心のあるパレット 

既存の01、02、03はパレット4色の中で統一感があり、頭からっぽで塗ってもいい感じに仕上がることも魅力のひとつだったと思うんですが、今回の2色はどちらも「遊び心のある」パレットだと思います。  

私個人としては目元は「煤汚れや痣に見える色」「ゴミに見えるラメ」とか気を付けることはあれど、口元ほどPCを意識する必要はないと思っているし、4色全部使いこなせることなんてないんじゃない?とも思っている。

なので今回の2色みたいなのも面白いからいいんじゃないと思うわけですが、そろそろバチバチにイエベお断りみたいな配色を出してもいいんでないのとも思いますね。

特に冬向けカラー。

それはそれで使ってみたい。

シルキースフレアイズの今後に幸あれ!

ではまた!