めんどくさいけどメイクしたい

きれいになりたいけどめんどくさい

グリセリンフリー4|24hコスメ オールインワンナチュラルクリームがグリセリンフリー

ようやくグリセリンフリーのアイテムを買いましたのでご報告いたします。

 

24hコスメ オールインワンナチュラルクリーム

f:id:tsumuri30:20181107105836j:image

 

24hコスメの商品ははじめて買いました。

1つで6役のオールインワン、100%天然由来成分だそうです。

保湿力が高いツバキ油・ミツロウなど良質な天然エキスを入れたことにより、お肌の潤いを保ち、乾燥知らずの年齢感じさせない肌に。

全成分:ツバキ油・ミツロウ・ラベンダー油・ヨモギ葉エキス・ドクダミエキス・ビワ葉エキス・水・エタノール・トコフェロール

公式サイトより。全成分これだけですって。わお。

 

 

まずこれだけは頭に入れてください。

クリームという名前ですが、クリームではありません。

なんということでしょう。前回クリームかと思ったらゲル状だったということがあったばかりなのに、全く疑うことを知りません。

クリーム感はないです。

これをクリームと呼ぶのなら、私たちはクリームの概念から考え直さねばなるまい。

蜜蝋入りだけあって、まさに蝋ってかんじのテクスチャ。

ケアセラバームよりももっとカチカチのバームです。

朝も夜もこれひとつって嘘でしょってまず思います。

保存料がはいってないから衛生面を考えてスパチュラですくってくれよな的な説明が書いてありますが、そもそも指ですくえない。固いからね!

 

 

ちょっと不安な出だしですが、使用してみます。

付属のスパチュラですくって手のひらでよーく温めながらすりすりして、てのひらで優しく顔にスタンプしていきます。絶対にこすりません。

固形物をすべてすり潰すのに苦労します。米粒みたいなやつが潰れずに残るのでゴリゴリ潰す。

もはや手に塗り込んでいる勢いで擦り合わせていきますから、「手で塗る」というよりも「手に塗る」になっている気がするし、「手に塗りこんだものの残りを顔に移す」みたいなかんじになってる。

そうするとかなり薄付きになりますが、つけすぎないくらいでOK。

つけすぎるとベタベタのテカテカになります。

 

初回は多くとりすぎたのでつけたあと石鹸で手を洗ったのですが、水をはじくばかりで全然落ちませんでした。

朝は水ですすぐ程度しか洗顔しないので、朝もテカテカだったらどうしようとかと思いましたが、残ってはいるのだけどおもいのほか馴染んでいました。

朝も使っていいみたいだし化粧下地にもっていうくらいだから、ワセリンみたいに残してたらまずいってものでもないのでしょうから、気にせず水洗顔だけにします。

とはいえ朝は使う気になりません。

 

 

通常スキンケアってもっと水っぽいから、クリームだけだとしても濡れてる感、肌をうるおす感があると思うのですが、こちらの場合は顔の表面に乗っけてるだけってかんじだから、中は乾燥してないだろうかと不安に感じます。

が、今のところ問題なし。

 

やはりスパチュラが必要なのがちょっとめんどくさい。

ずぼらはスパチュラなんか使わないんだよ。これ常識。

カチカチのものを手で伸ばすのもめんどくさいけど、ちょっと濡れた手でやると少し快適にクリーム化できる気がする。4日目くらいに発覚した。

洗顔後濡れたままとか、化粧水を追加するといいとおもいます!

私はせっかくこれを試しているのであまり余計な成分を足したくはないので、前に購入したウィラードウォーターを軽く顔に噴射して手で軽くおさえて、その手で使ってます。

(暑い時期だとそこまでカチカチじゃないかも)

 

 

グリセリンフリーの効果のほどはまだわかりません。

鼻の横の赤みがなくなることが自分にとってのゴールですが、そこの変化はまだありません。よほどのことがない限り、使いきるまで続けてみます。

ちなみに朝は使ってません。

時間かかるし、テカテカになりそうなので。

日中肌がガサガサに乾燥してしまうっていう人は朝使用してもいいのかも。

ファンデーションとの相性が壁になりそうだけど。綺麗にファンデ塗れるんだろうか?

 

朝はグリセリンが成分の後半のクリームだけを簡単につけていますが、前の晩のバームによる保湿感が水洗顔後もあるので、いっそのこと何もしないという手もあるのか?と考えてもいますが踏み切れてません。

グリセリンフリーで乾燥する部分にオイルやバームを足しているという人はそういう使い方でもいいのかも。

 

 

↓その後の経過です 

www.makemendokusai.com

 

※こちらのオールインワンクリームは廃盤になりました

www.makemendokusai.com

 

リニューアル後の製品 

www.makemendokusai.com