めんどくさいけどメイクしたい

きれいになりたいけどめんどくさい

アルジェランのムードカメリアさえあればいい秋

f:id:tsumuri30:20201012160900j:plain

 

昨年も、一昨年も、売り場で姿を見ることが出来なかったアルジェランの色付きリップ。

昨年定番化したにもかかわらず欠品続きでしたが、今年に入ってからは安定して売り場に並ぶようになったので、今年はもし欲しくなっても安心だ。いつでも買えるだろう。

そんなふうに思っていた時期が私にもありました。

 

そうしたら今年は限定で新色(ブラウン)が発売になるというではありませんか

 

アルジェランに安息なし。

今回は乗り遅れてはならんと、ちゃんと発売日にマツキヨに行きました。えらい。やればできる。

 

 

ARGELAN カラーリップスティック MOOD CAMELLIA 

限定色 648円(税抜)

f:id:tsumuri30:20201012162358j:image

www.matsukiyo.co.jp

 

アルジェランはマツキヨグループのプライベートブランド。

「あなたの毎日に、本格オーガニックを」をコンセプトに、本格処方と日常使いできる気軽さ、使い心地のよさをすべて叶えた気鋭のオーガニックコスメブランド。

らしいです。

 

ここのリップのアンバーローズっていう色がリップクリームにあるまじき素晴らしいテラコッタカラーじゃー!って話題になった。

そんなにいいならオラも使ってみてぇぞ!と思ってマツキヨを覗くんだけど全然売ってなくて、結局昨年は類似品のパブリックオーガニックを購入しました。

 

www.makemendokusai.com

 

この二つ、えらく似ているではないかと思ったら作ってる会社は一緒なんですよね。

 

今年はちゃんとビッグウェーブに乗れました。  

 

f:id:tsumuri30:20201012160900j:plain

サイズはかなり小さめです。

パブリックオーガニックより短く、パブリックオーガニックより太い。

赤茶っぽい色味をしています。

公式の説明は「凛々しさと洗練感をまとうモカブラウン(セミマット高発色タイプ)」。

カメリア色ではないらしい。

しかしそれは想定内だ。

既存色のアンバーローズがローズカラーではないのだから、そこはこっちが察するべきだ。

当然、亀有でもない。

 

カラーとテクスチャ 

f:id:tsumuri30:20201012193344j:image

天才。

 

天才の所業。

溜め息が出るほどの美しい琥珀ブラウン。

リップクリーム史上最も茶色いのでは。

少なくともマツキヨのリップクリームの棚に下がってる色付きのリップの中では最も茶色い。 

琥珀色っぽいところはモカの雰囲気あるかもしれない。

でもコーヒー系というよりはオレンジ系統かな?

 

テクスチャは非常にみずみずしい。

パブリックオーガニックの方がもう少ししっかり固めだし、何なら同じアルジェランのアンバーローズよりもみずみずしい気がする。

ひと塗りだと透け感が強く、上の写真もだいぶ塗り重ねてあの色になってます。

「高発色セミマットタイプ」という部分には疑問が残りますが、塗り心地はいいです。

 

パブリックオーガニック同様、オレンジ精油の香りはあります。

でもアルジェランの方が匂いは控えめに感じました。

 

ビターすぎない大人の秋色  

唇に塗ったときの第一印象は「キャラメル」。

黄色みのあるオレンジブラウンに赤みブラウンのあたたかみと落ち着きが加わったような、めちゃくちゃ秋っぽい色です。

結構シアーだなーと思ったけど、唇の上ではちゃんと色味を感じられました。

 

とにかく顔馴染みがとてもよい。

汎用性が高い色というよりは個性的な部類なはずなのに、すっと顔になじんで自己主張は控えめ。

「こちとら秋の女やぞ!」みたいな強さはない。

でもそんな彼女こそ実は誰よりも秋でした、みたいなシンデレラストーリー的なあれ。

赤みはしっかりあるけど強すぎないし、オレンジも感じるけど明るすぎないし、大人びてるけどビターすぎない。

チョコレートでいったら72%。

カカオ80%になると少々食べにくいけど72%くらいだと甘みもあってちょうどよくないですか。

そんな感じです。

 

 

手持ちとの比較 

f:id:tsumuri30:20201012193356j:image
手持ちで最も似てるのがキャンメイク メルティルミナスルージュ04 キャラメルテラコッタ
あちらさんの方がひと塗りの発色は強いけど、唇に乗せた印象は激似。キャラメル仲間。


アルジェランのアンバーローズとパブリックオーガニックのバーニングレッドはほとんど同じ赤みテラコッタなんだけど、赤みが強くて少々派手めなこの子たちと比べるとムードカメリアは落ち着いた印象です。 

それでいてパブリックオーガニックのノーブルオレンジよりは秋色の存在感がある感じ。

 

 

理想を叶える一本

昨年の秋冬は日常的にはノーブルオレンジを、外出時、しっかりメイクのお直し用にはバーニングレッドを使っていました。

ムードカメリアはしっかりメイクしたときにも使えそうな洗練されたお洒落な存在感がありつつも、仕事中でも使えそうな落ち着きも持っていて、これひとつでどこへでも行けそうです。

「場面を選ばないリップ」というと「洗練されたオシャレリップ」からは遠ざかる気がしていたけど、これは両取り。どちらの理想も叶える一本です。

まさに凛々しさと洗練感をまとってる。

 

マツキヨグループ店頭またはマツモトキヨシオンラインショップでも取り扱いがあります。

www.matsukiyo.co.jp

 

しっかり口紅を塗る機会が少ないからこそ、手軽なリップクリームで洗練されたオシャレカラーを楽しめるのはいいですね。

 

という普通のことを言って終わります。

ではまた!

 

ディズニーのブログもひっそりやってるのでよろしくどうぞ

nenpas.hatenablog.jp