めんどくさいけどメイクしたい

きれいになりたいけどめんどくさい

マスカラをお湯で落としてみたい人生だった。

f:id:tsumuri30:20181210110326j:image

 

最近生活の変化から、毎日のようにメイクをするようになりました。

 

マスカラに関しては

  • カールキープは絶対
  • クレンジングしにくくても構わないから汗水に強く落ちないもの
  • 厚いまぶたに負けない強度

という重鎧系でずっとやってきましたが、日常的にメイクをするようになるとやはり考え方もかわってきます。

 

www.makemendokusai.com

 

普段の生活でそんなに鉄壁である必要もないし

何よりクレンジングがだるい。

 

私もついに、今まで見向きもしなかったお湯落ちマスカラに興味を示しました。

今ってウォータープルーフよりもお湯落ちの方が幅きかせてる気がするんですけど、どうしてもお湯落ちが信用できない。

それこそLIVEに行くことを考えたらお湯みたいな汗が出たりとてつもない湿度になることを考えたら無理だし、日常でも熱い涙流したらおしまいじゃない?と思ってひたすらにウォータープルーフに生きてきたこの人生。

でも普通に生きてるだけなら大丈夫なんだろう

何買おうかな~

守備力はそこそこだけど炎耐性があるみたいな、みずのはごろもみたいなマスカラはどこかな~

調べないとな~

と思っている矢先に事件は起こりました。

 

朝起きたら目が痛い

目覚めた瞬間から片目に異物感を感じました。

そしてめっちゃ痛い。

鏡を見るとまっかっか。

ゴミが入っているような感じだったので涙出したり目薬さしたりしてみたのだけど一向に変わりなし。

瞼をめくったりしてみても何か入ってるとか、痛みの原因は全く分かりません。

時間が経過しても痛みも異物感もなくならず、幸いその日は完全オフでしたので眼科に行きました。

よほどのことがないと病院に行かないタイプなので、よほどのことだったんです。

 

診察の結果

黒目がめっちゃ傷ついてる

ということでした。

 

コンタクトレンズは最後に使ったのが4日前ですし、傷ついた原因も、朝起きたらそうなってた理由も不明で

お医者様には

目を開けて寝ているのでは?

それでこすってしまったのでは?

とか言われたけど寝てるときのことは分かりません。

 

あとから

前夜のクレンジングのせいか?

と思いました。

私のクレンジングの正しい手順は

  1. マスカラリムーバー
  2. アイメイクリムーバー
  3. クレンジングオイル

という流れです。

でもその晩はめんどうで、リムーバーすっとばしてクレンジングオイルで全部落としました。

アイメイクは当然落ちにくく、そしてウォータープルーフマスカラのカスは固い。

目元をくるくるするときにマスカラのカスが目に入りくるくるされてしまった、または残っていたカスが寝ている間に悪さした可能性が高い気がします。

 

どちらにしろ早急にお湯落ちのマスカラに変えよう。

そしてすぐ買ったのがこちらです。

 

三善 ステージマスカラ

1000円(税抜)

f:id:tsumuri30:20181209231322j:image

以前バズって品薄になったこともある人気マスカラ。

私もとにかく落ちないマスカラを探しているときに、舞台用メイクなら間違いないじゃんって思って候補に入れてたんですが、いくら舞台用でもやっぱりお湯落ちが信用できなくて買わずじまいだったもの。

やっと会えたね。

 

ブラシは大きめ

繊維どっさり

液が緩くてたっぷりついてきます。

 

まつげに塗ったそばからカールが落ちました…

それはまるで水で濡らしたように…

 

液が緩いからこそ仕上がりは美しく、また重ねてもダマにならないので理想の仕上がりに応じて重ね塗りしていけば自然な仕上がりから濃くも長くもしていける、繊維はやっぱり多く感じるけど変な付き方しないし、とにかく綺麗です。

でもカールキープしなかったら何の意味もないです。

ごめんなさい。

 

ウォータープルーフの下地塗ったら意味ないけど、エテュセのラッシュバージョンアップを塗ってからステージマスカラを塗ってみた。

下地ないよりましだけど、やっぱり引っ張られて落ちてしまう…

 

塗りやすくてスッと伸びて綺麗な仕上がりは評判通りでしたので、まつげパーマの方とか、ビューラーしなくてもまつげ上向いてますっていう方なら上手に使えるかもしれません。

時間経過を見ていないので、滲みとかは不明。舞台用なんだから大丈夫であってほしい。

あとちょっと繊維の量にはひきましたね。

 

 

 

単体でカールキープしてくれるお湯落ちマスカラは一体どこにいるのでしょう?

スマッジプルーフとか第3のマスカラとかなんなの?

ぶらさがり系(専用什器のないヒロインメイクとかを個人的にそう呼んでいます)の種類多くない?

そのわりにコームタイプないじゃない?

どれがいいの???

お湯落ちマスカラを徹底的に無視してきたツケがまわってきました。

 

私は思いつきました。

異常に人に頼ることが得意ではない私が遂に立ち上がります。

 

 

フォロワー様に教えを乞うことにしました。生意気にも。

「自分は人徳がない、人気のない人間である」という失敗経験が幼少期から積み重ねられてきているため、こういう呼びかけってなかなか怖いんですよ、自分にとっては。

コメント0だったらなかったことにして消そうって思ってました。

そうしたらたくさんコメントをいただくことができました!!!!!!

本当にありがとうございます。

しかも商品名だけじゃなくて皆様おすすめポイントや商品写真までつけてくださって、感謝しかありません。

マスカラを教えていただいたことよりもこうして成功体験が積み上げられたことに感謝している気がしなくもなく、てめーの人格形成に巻き込むなよって話ですが

とにかく本当にありがとうございます。

 

たくさん教えていただいた中でも圧倒的だったのがdejavuでした。

dejavuといったらフィルムマスカラのパイオニア的存在です(多分)。

ファイバーウィッグが登場したのがもう17年前のことのようですが、あれからずっと「塗るつけまつげ」は大きくコンセプトを変えることもなく存在し続けています。

パイオニアが必ずしもいつまでもトップであり続けるわけではありません。

それが今でも支持が厚いとなるとかなり信用できます。

 

教えていただいたdejavuもいろんな種類があるんですが、一番気になったものを買ってきました。

 

dejavu ラッシュアップ マスカラ K

漆黒 1200円(税抜)※PLAZA、MINiPLA独占先行販売 

f:id:tsumuri30:20181209225739j:image

 

とにかくブラシが細い!!!

これが決め手です。


f:id:tsumuri30:20181210100957j:image

単体で見ても細さが分からないと思いますので、ステージマスカラと並んでもらいました。


f:id:tsumuri30:20181209225814j:image

遠近法じゃないよ。

ステージマスカラが巨人用なわけでもありません。一般的なブラシのサイズです。一般的なサイズの中では大きめというくらい。

ほんとに細いんだよ。

 

f:id:tsumuri30:20181209225939j:image

しかも繊維が入ってないの。

デジャヴュといったら「ファイバーウィッグ」

いかにも繊維塗りまっせー!っていう印象でしたが、こちらは「ラッシュアップK」

繊細さと巧みな技術でまつげを美しく仕上げるがその正体は誰も知らない

それがラッシュアップK…(誰)

 

容器から引き抜いたときのブラシが綺麗。

どこかに液が多目についてるかんじもなく、ティッシュオフ不要。

極限までティッシュオフしたみたいな状態で出てくる。

だからぼてっとついてしまうこともないし、肌にもつきにくい。

 

そしてこの細ブラシが本当に塗りやすいです。

コームタイプみたいな感覚で塗れます。

これだけ小さいのに目に当ててみるとさらに小さくてもいいなと思いました。

液も水っぽくなくて、塗ったそばからすだれになる危険性もなし。

付き方もとにかく最低限だけつけときますね!って感じでダマになったり付きすぎたりしないし、それでいて産毛みたいなものまで拾ってくれるから下地なしで下まつげが増えてました。これは感動。

さすが「自まつげ際立てタイプ」

盛らないメイクにはもってこいだと思います。

 

これはめっちゃいい!

って思ったんだけど、

やっぱりカールが落ちました…

水っぽくないから全落ちではないんだけど、お湯落ちタイプだと仕上がりがカチカチじゃなくてしなやかなので、瞼の重みに耐えきれないご様子でした。

瞼の圧を受けない目じりの方は落ちてないので、液体には問題はないんだと思う。

単純に、ガッチガチにしないと瞼が勝つ。それだけ。

鼻のテカりと瞼の圧に関しては完全にこっちが100悪いから商品の参考にはしないで。

 

あとこれは文句ではなく疑問なんですけど、

なぜ普通のマスカラと配分逆??????
f:id:tsumuri30:20181210101032j:image

 

いわゆる普通のマスカラのみなさんと。

f:id:tsumuri30:20181209225828j:plain

 

まずどう考えても内容量めっちゃ少ないよね、っていうのと、

ブラシから持ち手までの間の枝部分が短いので、持ち手が邪魔して目頭側の下まつげが塗りにくい問題はありました。慣れれば大丈夫だと思うけど。

何故この構造なのかは謎です。

謎多きラッシュアップK…

 

瞼がまつげを押し戻さないタイプの方にはとってもおすすめです!

 

 

 

そしてこちらもおすすめしていただいたもので、その中でも一番安くて近所でも買えるというアドバンテージから購入しました。

 

キャンメイク ゴクブトマスカラ

スーパーブラック 600円(税抜)

f:id:tsumuri30:20181210110351j:image

紹介するまでもなく、みんな知ってる人気マスカラだと思います。

今カーキ色も出てるんですね~


f:id:tsumuri30:20181210110403j:image

こちらは大きめのブラシ

そして繊維なし! 


f:id:tsumuri30:20181210110416j:image

こういう個性あるブラシを売りにされると不安しかないんですけど、普通に塗れました。

 

ゴクブトの名の通り、しっかり盛るタイプのマスカラです。

ブラシも大きめで液も結構ついてくるので、慣れないと肌につけてしまいますが、ほんとに軽く撫でるだけで迫力ある黒々としたボリュームを出してくるので、思ったよりは下まつげにも塗りにくくなかったです。

上のまつげにもダマにならずにすーっと綺麗につけられるんですが、塗っていると

あ、この感覚は、あのときの…くっ…やめろ、やめろおおおおおおおおおお

ってなって、

やっぱり全まつげが水に濡らしたように下向いてました。

お湯落ちマスカラってこういう緩いものが多いんですかねえ…

 

ボリュームタイプなのでナチュラルな仕上がりにはならないと思いますが、ひじきにならずに綺麗にボリューム出せそうだなと思いました。

割と好きだったよ…

 

 

 

結論をお伝えするのが心苦しいのですが

結論としては

ラッシュバージョンアップを手放すな

ということになっちゃいます。

 

f:id:tsumuri30:20180813143816j:plain
 

クレンジングを簡単にしたいという思いからお湯落ちマスカラへの転向を考えましたが、転職活動の結果分かったのは「向いてない」という事実でした。

 

でも、よくよく考えてみればクレンジングが楽になればいいのだから、ウォータープルーフでもエテュセのラッシュバージョンアップだけ使えばいいんじゃないか?と思いました。

どうせアイメイクのクレンジングはするんだし。

 

それに今までマスカラ一本で仕上げたことないのに、何故お湯落ちにしたら一本で済むと思ったんでしょう。

必要だから下地を使っていたわけで、お湯落ちにしたらいきなり下地がいらなくなるわけがない。

 

ヒロインメイクのスーパーウォータープルーフとかキャンメイクのクイックラッシュカーラーとかのガッチガチの重鎧系は使わずに、ラッシュバージョンアップだけであればクレンジングもそこまでだるくないと思うので、

ラッシュバージョンアップのみ使う

もしくは

ラッシュバージョンアップを使ってからお湯落ちを使う

の2択でしばらくやってみます。

 

 

あとひとつ分かったのが、お湯落ちマスカラはマスカラしてからビューラーできるという事実。

メイク動画見ててもよくマスカラ後にビューラーする人がいて、そんなことしたらマスカラがぎゅって潰れた感じになるし、まつ毛がビューラーにひっついてくるし最悪抜けるし、汚い上がり方になるけどな~って思ってたんですが、デジャヴュもゴクブトも乾いてからビューラーしても普通に自まつ毛にやる感覚で使えますね。上がり方はあんまりだけど。

お湯落ちの人はみんなそれやってるの?

それともウォータープルーフの下地使ってるの?

はたまたみんなまつパーかまつエク??

 

また改めてまつげパーマかけた方がいいのかなって思い始めました。

ただ眼科で(傷は完治したんですが)もともと網膜に難あり認定されたのであんまり変なことはしたくない…

毎日ビューラーとマスカラとクレンジングする方が変なことかもしれないけど、どうなんだろう。

 

あと、家で思いっきりあくびして思いっきり涙出たら

頑固なマスカラもスルッと落ちる

っていう宣伝みたいにスルッと取れました。

やっぱお湯落ち怖いっす!!!!

外でそんな涙流してあくびはしないと思うけど。

 

みなさん教えてくださったのに私のまつ毛がすだれでまぶたの圧が強いばっかりに微妙なブログになってしまい公開を躊躇うレベルですが、本当に感謝しています。

ほかのアイテムも順次試したいです。

挑戦し続けることが大事なのです。

 

教えていただいたその他のマスカラ 

 

これらも試していけたらと思っています。

とんでもない長さになってしまった…

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

それでは最後にお聞きください。

Dejavu

Dejavu

 

 

www.makemendokusai.com