めんどくさいけどメイクしたい

きれいになりたいけどめんどくさい

秋冬新作プチプラコスメどうする2022

 

秋です。

 

秋になると突然コスメもアイスも服も何もかもが「欲しいもの」となって押し寄せてくる。

 

おまえの勝手な趣向なんだから仕方ないだろうと言われたらそれまでなんだけど、春や夏にもう少し分配されないもんかね。

しかもこの季節、新作や限定コスメに混ざってホリデーの情報も流れて来るからカオス。秋isカオス。

 

ほっとくと濁流に飲み込まれて気づいた時には新しい年を迎えかねないので、欲しいと思ったものや気になったプチプラ秋冬コスメを少し整理してみます。

 

発売日、価格は私調べです

 

KATE  魂コレクション  9/24発売

数量限定 

prtimes.jp

 

パッと見「魂ネイション」が一番に浮かんでしまったんですけど、KATEならROBOT魂とコラボしても驚かない。

欲コレクションに続く、毎度気合入りまくり金かけまくり、その分価格上げすぎでお馴染みのKATEの限定コレクションです。

 

www.nomorerules.net

 

最近のKATEの限定コレクションといえば、プチプラにあるまじき3000円前後するアイシャドウパレットですね。

正直「KATEのクソ高限定アイパレットを買うムーブ」はもういいかなと思ってました。

もちろん欲しければ買うし、過去2回もネタやノリだけで購入したわけではないのですが

 

www.makemendokusai.com

 

www.makemendokusai.com

 

今回はよほど欲しいと思わなければ面白くても買わんぞ!と謎の強気の姿勢でのぞんだんですけど、今回発売されるブラウンレイヤーパレット、

 

パッケージが月

 

なんですよねえ!!!!!!!!!!!!!

 

 

それだけで「よほど欲しい」になってしまった。

しかも今回は6色入って2750円(税込)と、少し優しくなってます。

これは今回も買っちゃいそうですね。

KATE、商売がうまいな…

 

 

あとレアマーブルカラーも欲しいんだけど、これこそマジで使わなそうだから悩む。

実物見て考えよう…

 

 

ブラウンレイヤーパレット、Amazon等通販サイトでポーチ付きのものがあるようです。

 

 

KATE  リップモンスター スフレマット  10/22発売

全5色 1650円(税込)

noin.shop

 

衝撃ニュースでしたね。

「リップモンスター マット」という文字列が目に飛び込んできたとき、もはや人類は敗北を認めるべきだと思いました。

 

でも蓋を開けてみれば(文字通り)、チップで塗るリキッドルージュだったんですよねぇ。

それをリップモンスターと呼んでいいものか?

なんとも腑に落ちないところではあるんですけども、なんとなく争いの火種が小さくなったような気もして安堵している部分も無きにしも非ず。

 

しかし、リップモンスターって「リップスティック型」だからこそ価値があるんだと思っていたんだけどなぁ。

リップモンスターがバカ売れしたのは、その落ちにくさやカラーバリエーションなどの商品の質やSNS戦略等いろんな要因があると思うけど、「口紅型」であったことも外せない要素だと思ってる。

落ちにくさだけを求めるのなら、各社から色持ちに定評のある「ウォータリーティント」的なものが発売されてるのだから。

 

なのでこの形で「リップモンスターのマットタイプだぞ!」って言われましてもなぁとは思うんだけど、ゴーストムーンと泥霧は欲しいな…

KATE、商売がうまいな…

 

真面目な話、マットの口紅は大好きだけどリキッドタイプは好きじゃないのでがっかりなんですけど、かつてそれでも好きだったロレアルパリのルージュシグネチャーというものがありまして…

 

www.makemendokusai.com

 

そんな感じの密着透けマットな感じだったら嬉しいなあと思ってます。

買います(買えたらいいな)

 

 

そんな中、プチプラに圧倒的に不足している「リップスティック型のマットリップ」が新たに発売されます。

 

ヴィセ  ニュアンスマットルージュ  10/16発売

全6色 1540円(税込)

www.kose.co.jp

 

すりガラスのようなマットな質感でありながら、ほのかに透けて肌に馴染む口紅

 

これは透けマット。

期待できる。

 

ヴィセアヴァンにすでにマットのリップスティックはあるんですが、ヴィセリシェからも出るんですね~

なんて思ったんですけど、「リシェ」ってどこにも書いてないのが気になっている。

 

最初にニュースを見たのはファッションプレスだったんですが、過去ファッションプレスがヴィセリシェのアイテムを掲載するときは、アイテムの正式名称は当然のこと、タイトルにしたって「ヴィセリシェ2022冬新作~」という書き方をしていました。

でも今回はどこを見ても「ヴィセ」としか書いていません。

 

www.fashion-press.net

 

そのあとでKOSEのプレスリリースも確認したんですけど、やはり「リシェ」の文字はありません。

かといって、リシェという呼び方をなくすとか、ブランドの体制を変更するようなお知らせがあるわけでもない。

このあたりは謎です。

そもそも「リシェ」って何?って感じではあったしな。

 

個人的にはヴィセアヴァンから全く新商品が出ないことや、アヴァンでやればよさそうなこと、ぱっと見アヴァンかと思うようなアイテムがリシェの方から発売されているのはここ1年くらい気になっているところではあったので、それと重ね合わせてしまうと…?どうなのかな?

 

カラーについては現物見ないと判断つかなそうですが、買うとしたらダスティオレンジかカームブラウンですかね。

 

 

何にしろマットなリップスティックが増えるのはありがたいです。

楽しみ。

 

 

 

ヴィセ  ニュアンスマットクリエイター 10/16発売

全5色 1320円(税込)

prtimes.jp

 

こちらも「ヴィセ」の新商品。

この、秋から冬になる時期っぽい感じ、一番好きだなぁ。

それだけで惹かれてしまう。

 

90年代のトレンド「囲み目メイク」の令和アップデートバージョン「新・囲み目メイク」を提案してきてやがるから、囲み目の呪縛から未だ逃れられてない世代の諸君に是非使ってみてほしい。

 

4色の間に仕切りがないので、汚くなったり割れたりという心配もありますが、配色がどれもよさげ。

 

 

ハンサムレッドが一番よさそうかなと思ってますが、あとは現物見たときのときめき次第。

 

 

 

キャンメイク  シルキースフレアイズ M05  9月下旬発売

新色マホガニーモカ 825円(税込)

 

こちらもマットのアイシャドウパレット。

シルキースフレアイズのマットタイプは1色ラメが入ってるので、完全マットが苦手な私も使えるので好きです。

 

マホガニーモカは赤みブラウン寄りっぽいけど、わりと万能そうなブラウンパレット。

シルキースフレアイズはたくさん色がある割に「迷ったらこれを買え」みたいなブラウンが存在していなかったので、これがそれになるのかもしれない。

 

しかしマットタイプなんて発売されたばかりだと思ってたのに、M03がまもなく廃盤らしくてびっくり。

限定から定番になったばかりのアーバンカーキも。

キャンメイク、瞬間に生きてる。

 

 

キャンメイク  ラスティングマルチアイベースWP 02  9月下旬発売

新色クリームイエロー 550円(税込)

ラスティングマルチアイベース WP | CANMAKE(キャンメイク)

 

今まで無色だけだったアイシャドウベースに黄色が加わるみたいです。

アイシャドウの持ちや発色を良くするためにアイベースは使うべきなのかなーと昔から思ってるんですけど、なくて不便を感じるわけでもないので使ったことありませんでした。

でも赤系はだいたいピンクに見えてしまう黄み吸収属、ベースに黄色を塗るのは得策な気がしますね。

これは是非試してみたいです。安いし。

 

 

リンメル  ワンダーエバーアイシャドウ  9/2発売

全8色 1650円(税込)

ワンダー エバー アイシャドウ | リンメル公式サイト | RIMMEL LONDON

 

こちらはすでに発売中。

最近主流のよくある4色パレットって感じなんですけど、カラーバリエーションに非常に惹かれてます。

1つのシリーズの中に定番もトレンドも個性も一気に詰め込まれてる感じが面白い。

エクセルのリアルクローズシャドウっぽくもあり、レブロンのデイトゥナイトの剥き出しの外資っぽさみたいなのもある。

 

003がかなり欲しい。

右下が純粋にブラウンなのか若干カーキっぽいのかが気になるところです。

 

004もだいぶ黄色っぽくて気になる。

 

007のグリーンもこうして見ている分には欲しいなーって思うけど、このタイプは実際色を見ないと分からない。

 

もう発売してるのでさっさと見に行かないとなとは思っております。

 

 

 

セザンヌ  ナチュラルローション  10月上旬発売

360ml 715円(税込) ※公式通販で先行販売中

www.cezanne.co.jp

 

最後にスキンケア。

ナチュラルローソンじゃないのよ。

 

セザンヌから新しく発売されるドクダミとCICAの化粧水です。

で、なんとグリセリン不使用

グリセリンフリーの化粧水自体珍しいんですが、大手メーカーがグリセリン不使用を謳うのはもっと珍しい。

これは是非試してみたいです。

 

 

 

おおむね「買う」気でいるのはこのあたりでしょうか。

最近買っても全然それをお伝えできてないので、秋冬は気合入れてお届けできればなあと思っていますので、よろしくお願いします。

ではまた!

 

▼YouTubeもよろしくお願いします

めんどくさいけどメイクしたい - YouTube